新着情報

2014年04月13日

動画deシーガルズに山口舞選手のインタビューを掲載しました。

平成26年4月12日(土)東京体育館にて、2013/14V・プレミアリーグ女子バレーボール ファイナルラウンド優勝決定戦が開催され、岡山シーガルズは久光製薬スプリングスと対戦いたしました。

久光製薬はレギュラーラウンドは首位で通過し、さらには昨シーズンの覇者として連覇を狙うチームです。
セミファイナルラウンド以降、当チームはチーム全員が今シーズン最後の一戦に意識を集中し、練習に取り組んできました。
ここまで積み上げてきたものを出しきり、自分たちのバレーを貫くという想いを持って、優勝決定戦に臨みました。

序盤から相手が優位に試合を進め、第1・第2セットを連取されて後が無くなった岡山シーガルズ。
続く第3セットこそ取り返しましたものの、第4セットを落としてセットカウント1−3でこの試合を落とし、2013/14V・プレミアリーグを準優勝という成績で終えました。

今回のインタビューでは、主将である山口舞選手に優勝決定戦や今シーズンを振り返ってもらうとともに、私達を応援くださる皆さんへ向けて感謝の気持ちを語ってもらいました。

岡山シーガルズは、今季を過去最高位である準優勝で終えることができました。
シーズン中、みなさまからたくさんの応援をいただき、その力に後押しされてここまでくることができました。
チーム一同、この場を借りてみなさまに厚く御礼申し上げます。

こちらをクリックすると、【動画deシーガルズ】の該当ページへリンクします。

ページトップへ戻る