新着情報

2014年04月15日

山口舞選手、宮下遥選手 2013/14V・プレミアリーグ女子 受賞のお知らせ

2014年4月14日に開催された『2013/14 V.LEAGUE AWARD』において、2013/14V・プレミアリーグの個人表彰選手が発表されました。
岡山シーガルズからは、山口舞選手がベスト6賞、宮下遥選手がベスト6賞・敢闘賞をそれぞれ受賞いたしましたので、お知らせいたします。

2013/14Vリーグは、名称を変更してから20周年の節目にあたり、それを記念して今シーズンは様々な取り組みが行われてきました。
『2013/14V.LEAGUE AWARD』はシーズンの集大成として開催されたもので、第1部:個人表彰選手の表彰式、第2部:2014/15シーズンの試合方式の発表、第3部:ファンと選手の交流イベントや排球大使である山本隆弘・大山加奈両氏による選手とのトークショーなどが行われました。

その第1部の表彰式においてV・プレミアリーグ各賞が発表され、ベスト6賞に岡山シーガルズから山口舞選手と宮下遥選手が選ばれ、さらに敢闘賞に宮下遥選手が選ばれました。

両選手および当チームを支えてくださる皆様に対し、改めて感謝するとともに、この場を借りてお礼申し上げます。

【受賞者のコメント】

■山口舞選手(ベスト6賞 2年ぶり2回目)
このような賞を頂き、大変嬉しく思います。
私一人ではなく、チームメイトや応援して下さる皆さんがあっての受賞なので、本当に感謝しています。
これからチームが日本一になるためにも更に成長できるように頑張ります。
応援よろしくお願い致します。

 ■宮下遥選手(ベスト6賞・敢闘賞 いずれも初受賞)
素晴らしい賞を頂けて嬉しいです。
スタッフ、先輩方に感謝の気持ちでいっぱいです。
この賞に恥じないように、これからも頑張ります。
ありがとうございました。

『2013/14V.LEAGUE AWARD』表彰式後の山口舞選手、宮下遥選手

『2013/14V.LEAGUE AWARD』表彰式後の山口舞選手、宮下遥選手

ページトップへ戻る