新着情報

2016年05月22日

全日本女子代表チームの2016リオデジャネイロ五輪出場権獲得について

昨日5月21日(土)に行われた『2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会』の日本対イタリア戦において、全日本女子代表チームが五輪出場権を獲得いたしましたので、お知らせいたします。

同試合において、日本はイタリアにセットカウント2−3で敗れたものの、2セットを取った時点で『アジアの最上位1チームもしくは左記1チームを除いた7チームの内、上位3チーム』の条件を満たし、出場権を得たものです。
既にお知らせの通り、オリンピック最終予選で戦う全日本女子代表チームには岡山シーガルズから山口舞・丸山亜季・宮下遥の3選手が選ばれており、五輪出場へ大きく貢献いたしました。

なお、本日22日(日)に全日本代表チームは最終戦で現在1位のオランダチームと対戦いたします。
大会の最後を勝利で飾ることができるよう、みなさま応援を宜しくお願いいたします。

【同大会における五輪出場権の獲得について、詳しくはこちらをクリック】
※日本バレーボール協会WEBサイト内のページが別ウィンドウで開きます。

山口舞 選手

山口舞 選手

丸山亜季 選手

丸山亜季 選手

宮下遥 選手

宮下遥 選手

ページトップへ戻る