新着情報

2017年07月25日

フィリピン女子バレーボールナショナルチームの強化合宿受入のご報告

平成29年7月17日から始まったフィリピン女子バレーボールナショナルチームの強化合宿について、7月25日に全日程が終了致しました。

来日後、翌日から代表チームは練習に臨み、期間中は当チームと合同練習や試合形式などを行いました。


また、地域との交流事業として、22日(土)には公開練習・公開試合・バレーボール教室等を行いました。

フィリピン女子バレーボールナショナルチーム バレーボール教室

フィリピン女子バレーボールナショナルチーム 公開試合

 

 

 

 

 

フィリピン女子バレーボールナショナルチーム 記念写真
23日(日)には代表チームは束の間のオフで、おかやま観光コンベンション協会様にご協力のもと、岡山城や場内での着付け体験、市内巡遊を行い、岡山市の魅力を堪能しました。

フィリピン女子バレーボールナショナルチーム 岡山城観光
24日(月)にはスポーツを生かした岡山のまちづくりを考える『おかやまスポーツプロモーション(SPOC)研究会』の主催で両チームと研究会メンバー及び行政・経済界の皆様との懇親会も開かれました。

フィリピン女子バレーボールナショナルチーム 懇親会

 

 

 

 

 

 

今回のフィリピン女子代表チームの受入においては『岡山市ナショナルチーム等キャンプ誘致推進事業補助金』の交付により実現した事業です。
事業の実施においては、通訳をはじめ様々な御尽力をいただいた岡山在住のフィリピン人の方々、おかやま観光コンベンション協会様やSPOC研究会、行政・経済界を始めとする関係各位様、公開練習・公開試合の開催にご協力いただいた皆様、大勢の皆様にお力添えをいただき、無事強化合宿受入を滞りなく終えることができました。
この場を借りて厚くお礼申し上げます。

岡山シーガルズではこれからも様々な取り組みを通して、バレーボールの普及・発展・強化や地域活性化などに積極的に取り組んで参ります。

ページトップへ戻る