新着情報

2018年03月05日

岡山後楽館高等学校様から岡山県産のヒノキ材を使用したベンチを寄贈いただきました。

平成30年3月5日(月)、岡山市立岡山後楽館高等学校様から岡山県産のヒノキ材を使用したベンチ3脚を寄贈いただきました。

このベンチは岡山県備前県民局農林水産事業部森林企画課が県産木材需要拡大事業の一環として、県産ヒノキ材を使用して同校が木工作品を製作する取り組みである『岡山県産木材ふれあい事業』として製作されたもので、同校の「県内を拠点に活動するトップチームに使ってもらいたい!」との想いから実現したものです。

寄贈にあたって式が行われ、チームから川島亜依美選手・丸山亜季選手が参加し、製作を行った生徒から作品の説明などを受けました。
実際にベンチに座ってみた両選手は作品の完成度や座り心地などに感心しながら、早速これから長く使っていくためのポイントを生徒に質問していました。

ベンチを製作してくださった岡山後楽館高等学校の生徒の皆様、ご指導にあたった教員の皆様、そして岡山県備前県民局の皆様に改めて御礼申し上げます。
これから皆様の想いを胸にチーム一同大切に使わせていただきます。

ページトップへ戻る