2021-22シーズンの開幕記者会見を行いました。

2021年9月16日(木)、『2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN』岡山シーガルズ開幕記者会見を開催しました。
イオンモール岡山5階『おかやま未来ホール』で開催された記者会見には、岡山シーガルズからは河本昭義監督、川島 亜依美選手、宮下 遥選手、金田 修佳選手、及川 真夢選手、楢崎 慈恵選手、吉岡 美晴選手、佐藤 愛美選手、長瀨 そら選手が参加しました。
また、当チームのスポンサー様でありゲームウエアを始めとする各種ウエアのサプライヤーとしても当チームをご支援頂く株式会社トンボ様、そして今シーズンからカジュアルユニフォームを提供してくださる株式会社ジョンブル様にご出席いただきました。

 

 

岡山県バレーボール協会 槇本亨理事長から今季リーグ及びホームゲームの日程をご紹介いただきました。
続いて岡山シーガルズ河本昭義監督から皆様へのご挨拶と共に2021-22シーズンにかけた意気込みを語らせていただきました。

 

 

その後、参加した選手がそれぞれ自己紹介と意気込みを語り、会見に参加したメディアの皆様からの質疑応答を行いました。

 

 

続いてユニフォーム・セレモニージャージ・プラクティスシャツ・ウォームアップウエアについて、提供元となる株式会社トンボ様より執行役員 営業統括本部 事業開発本部 本部長 兼 事業・宣伝企画課課長 兼 製品開発研究室室長 橋本俊吾様にご登壇いただき、コンセプトや想い等をご説明いただいた後、ユニフォームを着た選手たちのフォトセッションが行われました。

 

 

その後、カジュアルユニフォームについて、提供元の株式会社ジョンブル様より、同社取締役専務 菅野伸哉様にご登壇いただき、デザインや想い等をご紹介いただきました。

 

 

今季スローガンは“さあ夢を咲かせよう 強い絆はみなさんと共に!”です。

強い絆と結束力で長丁場となる2021-22シーズンを戦い抜きます。
今シーズンも応援を宜しくお願いいたします。